2019年02月07日

音楽連動照明 -機能の説明

前回は作り直した音楽連動照明について外装を中心に説明しました。

P2300757.jpg

今回はこの照明を実際に使い、光りに関する機能を説明します。



この照明は光り方を3つのモードに切り替えることが出来ます。
  1. 通常  :普通の照明のように一定の明るさで点灯する
  2. ゆらぎ :明るさを不規則にゆっくりと変化させる
  3. 音楽連動:入力された音の大きさに合わせて、明るさを変化させる。音の入力はAUX端子とマイクの2種類がある
これらの機能は基板にあるトグルスイッチ(下図の「Mode」と書かれているスイッチ)で切り替えます。Normalが通常、1/fがゆらぎ、Musicが音楽連動です。

P2310009.jpg

その他のスイッチや半固定抵抗(青いダイヤル)については、このようになっています。
  • Power:電源のオン・オフ
  • Response:音楽連動モード時の応答速度
  • Blightness:通常モード時の明るさ
  • AUX Vol:音楽連動モード時のAUX端子からの音量設定
  • Mic Vol:音楽連動モード時のマイクからの音量設定

音楽連動照明を実際に動かした動画をYouTubeに上げました。




以上で説明したことが音楽連動照明の機能です。

マイコンはATMEGA328Pを使っており、Arduinoと互換性を持たせております。ですので外付けのUSB-シリアル変換モジュールを使えば、音楽連動照明のスケッチを書き換えることが出来ます

当初はこれの販売を考えていたのですが材料費が結構かかってしまったため、販売するなら売値が7千円〜1万円と結構高めになってしまいそうです。
ですので、Arduinoシールド単体で動くように簡素化し、安価になるよう設計を変更中です。
posted by ました at 14:22| Comment(0) | 自作LED照明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

音楽連動照明の製作状況 -新しい外装の説明

お久しぶりです。この1〜2年ほどブログの更新間隔が長くてすいません。これからはもう少しこまめに更新できるよう頑張ります。



さて、音楽連動照明の製作状況ですが、だいぶ出来上がってきました。だいぶ前のことですので簡単に説明しなおすと、「音楽の音の大きさに合わせて、光の明るさを変える照明」です。

これまで制作していたものが、以下の写真です。

P2300013.jpg

P2300014.jpg

まだ実験の段階でしたので、基板周りが色々とごちゃごちゃしています。また照明のカバーは3Dプリンターで造形し、照明の下部にはスピーカーを設けています。
スピーカーの外装も3Dプリンターで造形しました。



現在の新しく作り直している物が以下の写真です。

P2300755.jpg

P2300757.jpg

外装や基板など、一通り作り直しました。

まず基板ですが、プリント基板化しました。

P2300836.jpg

構成としてはアンプや絶対値回路などの音声処理部、LEDドライバーなどのLED制御部、そしてマイコン部です。
AVRマイコンを載せていてArduino Unoと互換性を持たせています。

照明は外装を既製品の紙提灯にしました。このような単純で大きい形状は3Dプリンターだと造形に時間がかかってしまうので、既製品を流用した方がいいと分かりました。
使用している紙提灯はAmazonで買いました。


紙提灯やパワーLEDを固定するための台座は3Dプリンターで造形しています。

P2300837.jpg

P2300838.jpg

実験用に作った物は照明とスピーカーがセットでしたが、今回作成した物にはスピーカーの機能はありません。
代わりにマイクとAUX入力を付けました。これらから入力された音の音の大きさに合わせて、照明の明るさを変えます。

P2300759.jpg

今回は作り直した音楽連動照明について簡単に説明しました。実際に光ったときの動作などはまた後日説明します。
posted by ました at 17:19| Comment(0) | 自作LED照明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

音楽連動照明の製作状況 -新しい基板を発注しました

現在制作中の音楽連動照明の製作状況です。
一次試作の反省点を踏まえて、新しい基板を発注し、届きました。
左側が今回の二次試作、右側が前回の一次試作です
P2300474_web.jpg
大きな変更点としてはスイッチ類を手前に、コネクタ類を奥に配置したことです。また、全体的に密度を高めて基板を小さく(一次試作:100mm×100mm→二次試作:100mm×75mm)にしました。
これからは新しく作成した基板に部品を実装して、動作試験をしていきます。
ラベル:プリント基板
posted by ました at 12:00| Comment(0) | 自作LED照明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

スピーカーユニットの交換(3Dプリンターでバッフルを作成)

はじめに

前回は「音楽連動照明を制作中」という記事を書きましたが、今回はオーディオに関する記事です。音楽連動照明は現在作成中ですので、しばらくお待ちください。

今回作成したのはこれです。

P2300327.jpg

P2300328.jpg

何を作ったかというとFountek製5cmスピーカーユニットFR58CをFostex製8cmスピーカーボックスP800-Eに組み合わせるバッフルです。

FR58C.jpg
(FR58Cの外観。画像はコイズミ無線から)

FOSTEX(フォステクス) P800-E スピーカーbox (P800E)

価格:1,576円
(2018/5/30 16:56時点)
感想(0件)


今回はこの作成したバッフルについて説明します。


目次



1. きっかけ

以前FR58Cと3Dプリンターで作ったスピーカーボックスを組み合わせて、スピーカーを作成したという記事を書きました。


P2300013-2.jpg

上記のスピーカーとは別に、秋月電子で扱っている8cmスピーカーユニットF77G98-6をP800-Eに組み込んだスピーカーも作りました。
(この記事を書いているときに確認したのですが、秋月電子からF77G98-6の商品ページが無くなってました)


P2290731.jpg

ただどちらのスピーカーもそこそこ鳴りはするのですが、どちらも音が良いとは言い切れず不満がありました。 そこでFR58CをP800-Eに組み合わせた音を試してみようと思いました。
しかし試そうと思ったはものの、FR58Cは5cm、P800-Eは8cmと大きさが全く異なります。よってそのままでは組み合わせることはできません。
ですので、5cmのスピーカーユニットを8cmのスピーカーボックスに組み合わせられるバッフルを作ります。 木材をカットして作る方法もありますが、私は木工の設備が無いため3Dプリンターで作ることにしました


2. バッフルの作成

これが作成したバッフルの3Dモデルです。Fusion360で作成しました。

2018-05-30.png

FR58Cはバッフルの内側(スクリーンショットの上側)にあるヘコみの部分に取り付けます。 多少は音質的に有利になるかな?と思い曲面を多めにしています。

造形した物がこちらです。

P2300325.jpg

P2300326.jpg

少しでも密度を高めるために、造形時の設定で充填率は90%と高めにしています。


おわりに

作成したバッフルをスピーカーユニットやスピーカーボックスに取り付けました。

P2300411.jpg

秋月300円スピーカーにP800-Eを組みあわせたスピーカーと音を比較すると、FR58Cを使ったスピーカーの方はだいぶ中高音がすっきりしています。スピーカーユニットの口径が8cmから5cmへ小さくなったので低音の量は減りましたが、ボックスの容量が1.8Lと5cmスピーカーユニットに対しては大きいからか多少は出ています。

個人的には低音の量はあまり重視しないので、中高音が綺麗になったこちらの方が好みです。交換して良かったなと思える音です。


posted by ました at 17:42| Comment(0) | 3Dプリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

音楽連動照明を制作中

ずいぶん久し振りの更新です。放置していてすいません。
ここ半年ほどで開業して個人事業主になりました。電子機器の試作を請け負ったりしています。電子機器といっても、Arduinoにセンサーを積んだような実験レベルのものです。それでも需要ってあるものなんですね。
さて、制作中の音楽連動照明ですが、とりあえず基本的な機能は以前の状態でも出来ていたので、プリント基板化を進めています。
P2300227_web.jpg
P2300228_web.jpg
機能的には前回のものとほぼ同じです。ただ今回は音声の入力回路とArduinoを1枚の基板に実装しようとしています。
ただ実装にともない制御に使うArduinoが101からUnoへ変更したのですが、性能が落ちたからから音に合わせての光の変化が不自然です。とりあえずはUnoのままで回路やスケッチでなんとかならないか試して見ようと思いますが、どうなることか……。ダメならマイコンをもっと良いのに変えないとダメかな……。
ちなみにこちらですが、ある程度使い物になると判断したら販売しようかと考えています。スピーカー部を除いて、光の制御基板と照明部分を合わせて5千円〜1万円くらい?まだ部品やら実装の手間が不明なので、正確な値段は分かりません。
買っていただけるよう、ちゃんと作りたいと思います。
ラベル:プリント基板
posted by ました at 15:44| Comment(0) | 自作LED照明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする