2016年03月25日

シリアル通信の無線化 -第3回:回路設計

申し訳ないですが、今回は記事作成が間に合わないので仮の記事です。そのうちきちんと書きます。
前回はBluetoothモジュールRN-42のおおまかな仕様を確認しました。必要な回路は主に3つです。
  • 電源系
  • シリアル通信系
  • デジタルI/O系
RN-42の電源は3.3[V]ですので、Arduinoと直接接続することはできません。ですので3.3[V]電源やレベルシフタを接続する必要があります。また、RN-42にはGPIO(General Purpose Input/Output, 汎用入出力)があり、このピンで初期設定などができます。
それらを以下のように接続すれば、基本的な動作を行うことが出来ます。
 
Mar25_回路図.png
 
予定では各GPIOやレベルシフタの説明をするつもりでしたが、ちょっとできそうにないので回路図だけ載せておきます。
 
身の回りのことが落ち着いて忙しいのが一段落したら、もう一度記事を作り直します。
posted by ました at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作の実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

シリアル通信の無線化 -第2回:Bluetoothモジュールの仕様確認

はじめに

今回はBluetoothモジュールRN-42の仕様を確認します。
 

目次

 

1. 使用する部品

RN-42は秋月電子に売っていますが、そのままですとブレッドボードに実装できません。
 
M-07612.jpg
図1 RN-42(秋月電子 通販コード:M-07612より引用)
 
ブレッドボードに実装するには2.54mmピッチのピンが付いていなければなりません。方法は色々ありますが、私が行ったのはRN-42 2mmピッチ変換モジュールと2.54mmピッチ変換基板を組み合わせる方法です。
この2つを組み合わせることでRN-42をブレッドボード上に実装できます。
 
M-08690.jpg
図2 RN-42 2mmピッチ変換モジュール(秋月電子 通販コード:M-08690より引用)
 
P-05060.jpg
図3 2.54mmピッチ変換基板(秋月電子 通販コード:P-05060より引用)
 
この2つの部品を使っていきます。
 

2. 電源周り

RN-42の電源に関する仕様です。
 
2016-03-18.png
図4 RN-42電源仕様(RN-42データシートより引用)
 
重要な電源電圧は3.3[V]最大消費電流は送信時に100[mA]です。
Arduinoにも3.3[V]出力はあるものの最大出力電流は50[mA]ですので、RN-42を動かすには新しく3.3「V]電源を用意する必要があります。
幸いにも2.54mmピッチ変換基板に出力電圧3.3[V]、最大出力電流150[mA]のレギュレータがあります。ですのでRN-42の電源には2.54mmピッチ変換基板のレギュレータを使います
 

3. I/O周り

RN-42のI/Oに関する詳細です。
 
2016-03-18 (1).png
図5 RN-42 I/O詳細1(RN-42データシートより引用)
 
2016-03-18 (2).png
図6 RN-42 I/O詳細1(RN-42データシートより引用)
 
ピンはたくさんありますが、およそ3つに分類できます。
  1. 電源関係
  2. シリアル通信関係
  3. 初期設定関係
電源関係やシリアル通信関係のピンはArduinoの専用ピンと接続すればよいです。
初期設定関係は設定項目や設定値を確認しながら、接続する必要があります。デジタルピンですので、High/Low固定にするかArduinoのI/Oピンと繋いで切り替えられるようにする方法などがあります。
 

まとめ

簡単ですがRN-42の仕様を確認しました。次回はRN-42を使うための回路を検討します。
 

Arduino+Bluetooth Androidプログラミング サブボード「シールド」で機能強化! 小型マイコンにつないだ外部アクセサリをスマホで制御

価格:2,052円
(2016/3/18 15:53時点)
感想(0件)

続きを読む
タグ:無線
posted by ました at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作の実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

シリアル通信の無線化 -第1回:Bluetooth

はじめに

今回からはArduinoのシリアル通信を無線で行おうと思います。使用する無線方式はBluetooth(ブルートゥース)です。
 

目次

 

1. Bluetoothとは

Bluetoothとは無線通信の一つです。パソコンやスマートフォンなどのコンピュータとキーボードやヘッドセットなどの周辺機器を接続するのに使用されたりします。
ただ、互いの機器がBluetooth対応ならば全ての機器同士で通信が出来るというわけではありません。Bluetoothには接続する機器によってルールが変わります。このルールをプロファイルといいます。
代表的な物ですと、キーボードを扱えるようにするためのプロファイルはHID(Human Interface Device Profile)、ヘッドセットを扱うためのプロファイルはHSP(Headset Profile)です。
 
プロファイルにはシリアル通信を扱うためのプロファイル、SPP(Serial Port Profile)があります。そのためBluetoothだとシリアル通信の無線化が簡単にできます
 

2. 使用するモジュール

ArduinoでBluetooth通信を行うためには、ArduinoのBluetoothモジュールを接続する必要があります。
使うのはRN-42というモジュールです。
 
P1000587.jpg
図1 RN-42外観
 
選んだ理由は以下の通りです。
  • SPPに対応している
  • シリアル通信専用のピンがある
  • アンテナが基板上に実装されている(図1左側の青い部分)
  • 技適に対応している
  • ネット上に情報が豊富にある
  

まとめ

シリアル通信を無線化するにあたって、Bluetoothと使用するモジュールRN-42について紹介しました。
次回はRN-42の仕様を確認していこうと思います。
 

参考資料

  1. "Q.【Bluetooth】Bluetoothとはなんですか?/接続方法がわかりません" エレコム. http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=4500, (参照日:2016-03-11)
  2. "Q. BluetoothのSPPとは何ですか?". 無線化.com. http://www.musenka.com/faq/faq_bluetooth_spp.html, (参照日:2016-03-11)

ZigBee/Wi-Fi/Bluetooth無線用Arduinoプログラム全集 [ 国野亘 ]

価格:3,888円
(2016/3/11 17:09時点)
感想(0件)

posted by ました at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作の実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする