2015年05月24日

温度センサー -第2回:アナログ入力

前回はArduinoで温度を測るための流れを説明しました。今回はArduinoが電圧を読み取る機能のアナログ入力について説明します。

アナログ入力に使えるピンは決まっていて、「Analog IN」と書かれている箇所がアナログ入力に使用できるピンです。このピンに測りたい電圧の線を繋ぐと、電圧を測定することができます。
24_アナログ入力_1.jpg

Arduinoはアナログ入力ピンに接続された電圧を分割して読み取ります。分割されていない実際の電圧をアナログ、分割されてArduinoが処理する値をデジタル、アナログからデジタルに変換することをアナログ/デジタル変換(以下、A/D変換)といいます。
アナログやデジタルは電圧に限らず、世の中に存在する実際の値ならばアナログ、機械で処理するために分割した値ならばデジタルです。

例えば、0〜5[V]の範囲を8段階に分割するA/D変換を考えます。0〜5[V]の電圧を等間隔に分割し、それぞれに0〜7までの番号を割り振ります。
24_AD変換_1.jpg

このA/D変換に2.8[V]を入力したとします。この電圧が含まれている範囲は4なので、A/D変換結果は4となります。
24_AD変換_2.jpg

このように電圧のA/D変換では電圧を等間隔に分割し、その箇所の番号を出力します。
ArduinoのA/D変換は、範囲が0〜5[V]、分割数が1024です。ですので、A/D変換出力の1当たりの電圧は5[V]/1024=4.88[mV]です。
A/D変換結果が1なら4.9「mV]、5なら24.4[mV]、1023なら4995.1[V]の電圧がアナログ入力ピンに繋がっていることが分かります。

ArduinoでA/D変換結果を読むにはスケッチのanalogRead()関数を使います。これでアナログ入力ピンに繋がっている電圧を知ることができるので、温度センサーLM35の仕様に従って電圧から温度を計算すれば、Arduinoで温度を測ることができます。

次回は実際にArduinoと温度センサーを使って、温度を測ってみます。


Arduino工作アイデア集 [ 中村文隆 ]

価格:2,160円
(2015/6/16 10:26時点)



posted by ました at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。