2015年06月27日

LED調光 -第2回:作成

前回はLED調光をするための可変抵抗器やPWMについて説明をしました。今回はLED調光できる回路をを作っていきます。


目次



1. 回路

回路は2つに分けられます。
  • 可変抵抗器を使ったアナログ入力の回路(下図左側のR2)
  • PWMでLEDを制御する回路(下図右側のR1とLED1)

27_Scheme_ContLED1.png

回路に使用する部品は下表の通りです。
        
 記号品名型番特性秋月電子通商
通販コード
 
 1Part1マイコンボードArduino Uno rev.3-- 
        
 2LED1LEDOSDR3133A最大順方向電流 30[mA]
標準順方向電圧 2[V]
I-00562 
        
 3R1抵抗器-抵抗値 330[Ω]- 
        
 4R2可変抵抗器3386T-EY5-103TR最大抵抗値 10[kΩ]P-08012 
        
この可変抵抗器を選んだ理由は3つです。
  • 足の間隔が2.54mm(ブレッドボードの穴間隔も2.54mm)
  • つまみが大きい
  • 0.1〜1.0[mA]程度くらいの電流を流したい( 5[V]/10[kΩ] = 0.5[mA] )

LEDの順方向電流は10[mA]程度にしたいので、直列接続する抵抗は330[Ω]を選びました。

選定した部品の値を記入した回路図が下図です。

27_Scheme_ContLED2.png


2. 実装

1項で検討した回路図をブレッドボードに実装しました。

27_Board_ContLED1.png

注意するのは可変抵抗器のつまみの向きとワイパが動く方向です。この可変抵抗器のデータシートにはつまみを時計回りに動かすとワイパが1番ピンから3番ピンへ動くと書いてあります。

27_TSR3386ワイパ方向.PNG
引用元:秋月電子通商 通販コードP-08012 データシートより

つまみを時計回しに動かしたときアナログ入力の電圧が上がる回路にしたかったので、1番ピンをGNDに、3番ピンを5[V]に接続しています。


3. スケッチ

ArduinoのanalogWrite()関数でPWMの出力ピンとDuty比を設定できます。Duty比の設定は0から255まで可能です。0なら常にOFF、255なら常にON、127ならDuty比は約50%です。

LED調光を行うためのスケッチはArduino公式ページにあるanalogWrite()関数のExampleをそのまま利用できます。
このスケッチはArduino A3ピンのアナログ入力値(0〜1023)を4で割った値をDuty比として、D9ピンに出力しています。


上記の回路図とスケッチを元に実際に作成したのがこちらです。可変抵抗器を動かすとLEDの明るさが変わります。


これでLED調光は完成です。しばらくはアナログ入力を使って色々作ろうと思います。


スイッチサイエンス Arduinoをはじめようキット

価格:4,320円
(2015/6/27 10:35時点)




posted by ました at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作の実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。