2015年08月23日

番外編 -文字コード

今回は2進数(16進数)を使って文字を表現する方法、文字コードについて説明します。


目次



1. JISコード

電子機器のデータは2進数でできていますので、電子機器が文字を扱うためには文字も2進数で表現する必要があります。例えば「あ」という文字を0001(2)という2進数で表せば、0001(2)のデータをやり取りすることで「あ」の文字をやり取りすることができます。
ただし、電子機器同士で文字のやり取りをするときに、どの2進数がどの文字を表しているのかを互いの電子機器が知らなければなりません。例えばある電子機器は「あ」を0001(2)、もう片方の電子機器は「A」を0001(2)と表してしまったら、「あ」と「A」の文字がごちゃまぜになってしまいます。
文字を正しくやり取りできるように文字を表す2進数のルールがあり、そのルールを文字コードといいます。

文字コードに限らず工業製品では違うメーカーの部品や機器同士でも使えるよう、多くのルールが決められています(=標準化)。日本でよく使われるルールは日本工業規格(JIS)、世界規模のルールを決める組織を国際標準化機構(ISO)といいます。
JISでは文字コードも定めておりJISコードといいます。下表はJISコードの中からアルファベットと数字を抜粋した表です。

  上位桁
  0123456789ABCDEF
下位桁0   0 P p        
1   1AQaq        
2   2BRbr        
3   3CScs        
4   4DTdt        
5   5EUeu        
6   6FVfv        
7   7GWgw        
8   8HXhx        
9   9IYIy        
A    JZjz        
B    K k         
C    L l         
D    M m         
E    N n         
F    O o         

上表では1つの文字が2桁の16進数で構成されており、「A」は41(16)、「B」は42(16)、「a」は61(16)、「b」は62(16)と表します。アルファベットや数字以外の漢字やひらがななどもJISコードで決められています。漢字やひらがなを表すには16進数2桁だと桁数が足りないので、4桁で表します。
JISコードは日本の文字コードですが、ASCIIコードというアメリカで誕生した文字コードを基本に漢字やひらがなを加えた規格です。ISOもASCIIコードを使って標準化していますので、アルファベットや数字の文字コードは共通しています。


2. 文字コードの通信

電子機器で文字のやり取りを行う場合は文字コードのデータを送ります。データはHighとLowの電気信号を組み合わせることで通信できます。
例えば「a」は61(16)、「A」は41(16)、ですので、「aA」という文字を送りたいなら6141(16)というデータをHighとLowで表現し、通信すればよいです。

19_文字コード_1.png

19_文字コード_2.png


文字コードに従って文字を2進数で表し、その2進数を電気信号で通信することで、文字のやり取りを行うことができます。
ただし、電気信号で通信するといっても通信には様々なルールがあります。例えばHighとLowのどちらを1として扱うのか、2進数のデータは先頭から送るのか末尾から送るのか、通信には何本の線を使うのかなどです。
次回は通信のルールについて説明します。


参考資料

  1. 著書名:喜安善市・清水賢資. 書名:ディジタル情報回路. [2版], 出版社:森北出版, 出版年:1989, 参照頁(pp.23-25)
  2. 著書名:小高知宏. 書名:計算機システム. 出版社:森北出版, 出版年:1999, 参照頁(pp.8-11)


プログラマのための文字コード技術入門 [ 矢野啓介 ]

価格:2,786円
(2015/8/23 10:50時点)




posted by ました at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。