2018年05月30日

スピーカーユニットの交換(3Dプリンターでバッフルを作成)

はじめに

前回は「音楽連動照明を制作中」という記事を書きましたが、今回はオーディオに関する記事です。音楽連動照明は現在作成中ですので、しばらくお待ちください。

今回作成したのはこれです。

P2300327.jpg

P2300328.jpg

何を作ったかというとFountek製5cmスピーカーユニットFR58CをFostex製8cmスピーカーボックスP800-Eに組み合わせるバッフルです。

FR58C.jpg
(FR58Cの外観。画像はコイズミ無線から)

FOSTEX(フォステクス) P800-E スピーカーbox (P800E)

価格:1,576円
(2018/5/30 16:56時点)
感想(0件)


今回はこの作成したバッフルについて説明します。


目次



1. きっかけ

以前FR58Cと3Dプリンターで作ったスピーカーボックスを組み合わせて、スピーカーを作成したという記事を書きました。


P2300013-2.jpg

上記のスピーカーとは別に、秋月電子で扱っている8cmスピーカーユニットF77G98-6をP800-Eに組み込んだスピーカーも作りました。
(この記事を書いているときに確認したのですが、秋月電子からF77G98-6の商品ページが無くなってました)


P2290731.jpg

ただどちらのスピーカーもそこそこ鳴りはするのですが、どちらも音が良いとは言い切れず不満がありました。 そこでFR58CをP800-Eに組み合わせた音を試してみようと思いました。
しかし試そうと思ったはものの、FR58Cは5cm、P800-Eは8cmと大きさが全く異なります。よってそのままでは組み合わせることはできません。
ですので、5cmのスピーカーユニットを8cmのスピーカーボックスに組み合わせられるバッフルを作ります。 木材をカットして作る方法もありますが、私は木工の設備が無いため3Dプリンターで作ることにしました


2. バッフルの作成

これが作成したバッフルの3Dモデルです。Fusion360で作成しました。

2018-05-30.png

FR58Cはバッフルの内側(スクリーンショットの上側)にあるヘコみの部分に取り付けます。 多少は音質的に有利になるかな?と思い曲面を多めにしています。

造形した物がこちらです。

P2300325.jpg

P2300326.jpg

少しでも密度を高めるために、造形時の設定で充填率は90%と高めにしています。


おわりに

作成したバッフルをスピーカーユニットやスピーカーボックスに取り付けました。

P2300411.jpg

秋月300円スピーカーにP800-Eを組みあわせたスピーカーと音を比較すると、FR58Cを使ったスピーカーの方はだいぶ中高音がすっきりしています。スピーカーユニットの口径が8cmから5cmへ小さくなったので低音の量は減りましたが、ボックスの容量が1.8Lと5cmスピーカーユニットに対しては大きいからか多少は出ています。

個人的には低音の量はあまり重視しないので、中高音が綺麗になったこちらの方が好みです。交換して良かったなと思える音です。




posted by ました at 17:42| Comment(0) | 3Dプリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。